JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

新着情報 NEWS

新型コロナウイルス感染症に伴う機内や空港などの対応について NEW

平素よりJALグループをご利用いただき、誠にありがとうございます。

JALグループでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、航空機でのご移動を必要とされるお客さまに安心してご利用いただけるよう対応を行っております。

取り組みについては順次変更しておりますので、ご利用のお客さまにおかれましては、ご搭乗に際しより安心・安全な環境作りのため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の発生を受け、JALグループではお客さまと乗務員、また社員の安心・安全な環境をまもるための予防措置を講じています。

搭乗に際してのお客さまへのお願い

新型コロナウイルス感染症をはじめとした感染症の拡大防止およびお客さま同士のご不安の解消のため空港・飛行機内において、マスクなど、鼻と口を覆うものをご着用いただくようお願いいたします。

 

以下の内容に同意をいただけない場合は、飛行機へのご搭乗をお断りする場合があります。

 

・ほかのお客さまにご不安やご迷惑をおよぼすおそれがあるため、空港内、航空機内では飲食時を除き、常時マスクの着用をお願いいたします。(※乳幼児含む小さなお子さまは除く)

 

・マスクの着用が難しい場合には、ハンカチ・バンダナ・スカーフ・フェイスシールド・マウスシールドの着用も可とします。

 

・地上係員や客室乗務員から指示があった場合は、必ずマスクなどの着用をお願いいたします。(マスクなどの着用が難しい理由を係員と確認済みの場合は除く)

 

※業務の遂行を妨げ、またはその指示に従わないなどの場合には、ご搭乗をお断りする場合があります。 (例:スタッフが事情を伺っても意図的な無視・沈黙がなされ、適切な対応を取ることができない場合、スタッフに対する暴力・暴言があった場合など)

 

・マスクなどの着用が難しい場合は、地上係員や客室乗務員へお申し出ください。


下記1・2・3などの健康上の理由および健康状態を確認させていただくことがあります。


1. 呼吸困難や呼吸による胸や背中の痛みが伴う
2. かぶれ、腫れ、痛みなど、外的な刺激を伴う
3. 圧迫感、不安感、パニックに陥るなど、精神的な苦痛、感覚異常や神経過敏を伴う

 

JTAの空港での対応・取り組み

 

定期的な消毒清掃・空間除菌(噴霧器※)】

 

自動チェックイン機(KIOSK)やベビーカー、車いす、受付などの定期的な消毒清掃を実施しています。お食事エリアは、営業終了後の夜間におきまして、二酸化塩素噴霧器などによる空間除菌を順次強化いたします。

※羽田空港および沖縄空港のラウンジ内ダイニング周辺

カウンター及びラウンジ受付、ラウンジ内の対面座席には、パーティションを設置しています。(一部空港)

 

 

空港内への消毒液の配備】

 

 

カウンターや自動チェックイン機、保安検査場、ゲート、手荷物返却場などに手指用の消毒液を順次配備させていただきます。

ご自由に使用ください。

 

 

ラウンジでのお食事・お飲み物のサービスについて】

 

 

 

ラウンジのお食事エリアは二酸化塩素噴霧器などによる空間除菌を順次強化いたします。

レセプション、トイレ、テーブル、ジュースディスペンサーなどに消毒液などを配備しております。

ご自由に使用ください。

お客さま同士の距離を適切に維持するため、対面座席間にはパーティションを設置させていただきます。(一部空港)

 

 

ラウンジでのお食事・サービスについて】

 

弊社ラウンジ(自営)で提供するお食事・お飲み物サービスについては、以下のとおり変更しております。

この変更により、提供品が限定されることがございますので何卒ご了承お願いいたします。

 

【日本国内 国内線ラウンジ】個包装でのサービスに限定

 

緊急事態宣言の継続、まん延防止処置などへの移行に伴い、ラウンジにおける酒類提供につきましての詳細は以下をご確認ください。

 

ラウンジにおける酒類の提供について: https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2021/other/210423/

 

 

【国内線各空港カウンターの営業時間について】

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、国内線の各空港カウンターの営業時間を変更させていただきます。

詳細はこちらをご確認ください。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/airport/ticketcounter.html

 

 

除菌剤の飛行機への持ち込み・お預けについて】

 

以下製品の除菌剤については、飛行機への持ち込み、お預け共に不可としております。

 

対象製品

 

・「製品に腐食性物質(亜塩素酸ナトリウム水溶性)が生じる一部空間除菌製品 」

・使用する際に粉末剤を混合したり、もしくは製品を曲げることにより成分が混合され、製品に腐食性物質(亜塩素酸ナトリウム水溶液)が生じる一部空間除菌製品

例)クレベリン置き型、クレベリンスティックペンタイプ・フックタイプ

・およびその類似製品

 

ジェルタイプの除菌剤など直接肌につけるものについては、持ち込み、お預けともに可能です。ほか除菌剤については現在のところ制限はありませんが、今後変更となる場合がございます。

 

 

地上係員のマスク着用】

 

 

 

お客さまに安心してサービスを受けていただくため、当社が就航している空港の地上係員は、マスクを着用しています。

※屋外で業務するスタッフにつきましては、熱中症防止のため、マスクを外して作業を行う場合がございます。

 

 

 

JTAの機内での対応・取り組み

 

 

客室乗務員のマスク・手袋の着用】

 

 

 

 

お客さまに安心してサービスを受けていただくため、JTA全路線で客室乗務員はマスクを着用しています。

加えて、お飲物のサービス時などに手袋・セーフティグラスを着用させていただきます。

 

 

機内の消毒について】

 

 

夜間整備において、テーブル、ひじかけ、座席テレビ画面やコントローラーなどの座席周り、トイレのドアノブや蛇口ハンドルなどお客さまの手が触れる部分を、アルコールを用いて消毒しております。

(機材繰りにより実施できない場合があります)



対象路線:JTA全路線

 

【抗ウイルス・抗菌コーティング】

 

JTAの保有する全ての航空機客室内の座席や収納棚、壁面など
お客さまが直接手を触れる箇所に抗ウイルス・抗菌コーティングを実施しています。
 
※SIAAの安全性基準に適合しています。
※製品上の特定ウイルスの数を減少させます。
※抗ウイルスコーティングは、病気の治療や予防を目的とするものではありません。
 
 

 

 

機内での除菌シートの提供】

 

お客さまに安心してご搭乗いただくため、機内に、除菌シートをご用意いたします。ご搭乗時にお取りください。

 

 

機内サービスについて

・JTA線で実施中のビール、ノンアルコールビール、機内飲食品の機内販売サービスを2020年6月1日より一時中止いたします。

・ブランケットおよび枕の貸出しサービスを一時中止いたします。機内の温度はお客さまによって感じ方が異なりますので、必要に応じて羽織りもの類の準備をご検討ください。

・2020年11月1日(日)より順次、沖縄県外路線では、冷たいお飲み物として冷緑茶、ミニッツメイド アップルジュース、スカイタイム、ミネラルウォーター、コカ・コーラ、温かいお飲み物としてコーヒー、スープをペーパーカップにてご用意いたします。

沖縄県内路線(那覇-宮古、石垣線)では冷たいお茶、アップルジュース、ミネラルウォーターをご用意いたします。

注:運航状況によって提供できない場合がございます。

 

お客さまの重篤な火傷防止のため、温かいお飲み物は温度を下げてご提供いたします。また、お子さまを抱いているお客さまには、温かいお飲み物のご提供を控えております。

クラスJ シートではこだわりドリンクをご用意しております。詳しくは乗務員にお尋ねください。

 

 

機内の空気の清潔性について】

 

飛行中、機内の空気は概ね2分~3分で入れ替わり、清潔な空気で保たれます。

ポイント1

常に機外から新鮮な空気を取り入れ、2分~3分程度という短い時間ですべて機外に排出されます。

ポイント2

機内を循環する空気は、高性能空気フィルター*を通ることにより清潔に保たれます。(JTAならびにRAC使用機材には当該フィルターが装備されております。)

・High-Efficiency Particulate Air (HEPA) Filter 、0.3μmのサイズの粒子に関して99.97%以上の粒子を捕集します。直径0.1μm程度の新型コロナウイルスは、不規則な動きをするため、フィルター繊維にあたって捕捉されます。

ポイント3

客室内の空気は、常に天井から床下へ流れて特定の場所に滞留はしません。

1.機外の空気をエンジンで圧縮し機内へ送り込む

2.エアコン装置で温度調整し、天井から客室内に送風

3.客室内の空気は、機内外の差圧により床下に流れ、胴体下部にある開閉弁を通って機外へ

4.JTAならびにRAC機材においては床下に流れた空気の一部をHEPAフィルターで清浄し送風量を増加

JALグループ各社の機内の空気循環についてはこちら

 

JAL×理化学研究所スーパーコンピュータ「富岳」を活用した研究を実施

https://press.jal.co.jp/ja/release/202011/005866.html

 

 

icoVolume

ON/OFF

ページトップ