JTA 日本トランスオーシャン航空採用サイトRECRUIT SITE

MENU

JTA VOICEトップメッセージ

OODA型チームで
リーディングカンパニーへ

青木 紀将Noriyuki Aoki
日本トランスオーシャン航空 代表取締役社長
略歴
1989年 日本航空(JAL)入社
2019年 日本トランスオーシャン航空 代表取締役社長に就任

JTAとして目指していくものJALグループのリーディングカンパニーへ

航空会社の基本的な品質として、お約束した時間に出発して予定通りに到着する定時運航は基本ですが、もちろんサービスの品質も重要です。空港のスタッフの対応の仕方であったり、客室乗務員の対応であったり、ヒューマンのサービスですね。

JALグループの中で、実はJTAの客室乗務員のお客さまからの評判はトップの実績なんです。こういった実績が作れているのは、沖縄の雰囲気が影響しているのではないかと感じています。これは訓練してできることではないと思っていて、雰囲気が何か違うんです。

これを何と表現していいのかずっと考えていたんですけども、ほわっとしたあったかさみたいなものがあるんですよね。島言葉のイントネーションとかいうか、客室乗務員の言葉遣い一つとってもなんですが、人の距離感がすごい近くてその温かさをすごく感じるんですよね。

こういった地場にある魅力や良さを活かしながら、まずはJALグループの中で基本品質の指標が1番良い会社、つまりJALグループをリーディングしている会社にJTAをしていきたいと私は思っています。

また市場全体で見ていくと、日本全体がインバウンドと言う形で観光立国を目指している中で、沖縄はその最たる場所になると思います。沖縄の環境は、ヨーロッパの方のツーリズムとかで非常に魅力があるところなんです。羽田や成田から沖縄に入るだけじゃなくて、直接沖縄に誘致していくようなことをやっていきたいですね。

つまり、JALグループの中でのリーディングカンパニーとなり、沖縄県の観光においてもリーディングできる存在として、今まで以上に地域に貢献できる会社へと成長していきたいと考えています。

青木 紀将 イメージ1

目指すチーム像大儀のあるOODA型チーム

「チーム」と「集団」の意味で決定的に違うのは、人が集まっていることには変わりないんですが、チームは「ある共通の目標なり大義持った人間がそれに向かって共同作業をしていること」状態であることを指すと考えています。

集団とは、ただそこに集まっているという事になります。したがって組織の相乗効果をチームワークとは言うけれども、グループワークと言わないですよね。本当のチームというのは、この大義が重要だと思っています。一人一人ができることって本当に大きくないので、チームで力を発揮するということが大事だと思っていて、「何のためにやっているか」ということがその原動力になるということですね。

よく、マネジメント用語で PDCA(計画、実行、評価、改善)と言いますが、これからはOODA(観察、状況判断、意思決定、行動)で対応できることが重要だと思います。

PDCA って何が有効かと言うとHow toを検証するにはいいと思うんです。環境が刻々と変化する、もしくはやり方が決まっていない世界では、一人一人が環境変化に応じてその場で判断して、的確なアクションをするというやり方であるOODA型が相性がいいと考えます。

OODA型チームは、現場において個々で判断する必要があります。チームのみんなが、「何のために」という最上位概念からブレずに判断しなくてはいけない。好き勝手に判断するんではなくて、何のためにやってるんだっていうところを大事にしてきたいですね。

チームとして大義を持っていることでチームワークを発揮するんですけども、そこにいる一人一人は自分で環境変化や、状況が変わった時に、自分で考えて判断できる人達でない限りチームワークは強くならないということです。

そのOODA型のチームを育てるためには、管理職が現場社員の失敗を許容していく必要があります。管理職が耐えられるか、特に社長は我慢しないといけないです(笑)

それと内部の論理ではなく、外部の論理、お客さま、世の中の声が重要です。JTA の中の規則だとか、ここにルールが書いてあるからこうする、というものが判断軸になっては良い会社にすることはできません。

自分がその会社にいて、やりがいがあったり生活ができているのは、基本的には自分が提供しているお客さまが運賃を払ってまで乗っていただけることが大前提ですよね。だから、我々の生活が成り立っているという極めて単純なことです。誰のどんな判断でやるか、社長が言ったからやる、やらないではないんですよ。

現場社員から「社長が言っているけど、世の中は違いますよ」という声がどんどん出てきていいんです。社内だけじゃなくて、いかに外に目をしっかり向けられるかということが大事だと思っています。

青木 紀将 イメージ2

求める人物像自分の言葉で話せる人

すべてにおいて、コミュニケーションがとても大切だと思っています。とくに自分自身の言葉で話せるってことが大切なんです。誰かに話をする時、誰かから聞いた話を確認する時に、これってこういうことかなと自分の言葉で確認してみるということがとっても大事です。

物事の本質をちゃんと捉えているかという観点で言うと、自分の言葉でそのことを説明してみる、考えてみるということが大事と思います。ですから、言われたことしかできない、やらないマニュアル人間はJTAには向いていません。

また現場現物主義で、いろんなことを経験した人間は強いなと思うんです。 空想で考えるだけじゃなくて、そこにいいものがあると言われれば、そこに言ってみて感じてみる。五感で自分で感じるということを大切にするんです。

自分の考えを持たずに群れをなしたりするのではなく、現物現場をしっかり自分で感じて自分で考えて行動する人が、私たちの求める人財になります。

MESSAGE

新しい未来の
仲間へのメッセージ

正直、学歴はあまり関係ないと思っています。それよりも「初めてが多い人」を求めたいですね。やったことないことにチャレンジできている方です。実際その場に行って五感で感じ、色々な経験をしているような行動力のある方を求めています。

こういった主体的に考えて、失敗を恐れずに行動できる人と一緒に仕事ができるとうれしいですね。正しいか否かではないですが、画一的な方や自分の考えを持たずに群れを成す方はJTAには合わないかもしれません。

これからJTAは、JALグループ、沖縄の観光をリードするリーディングカンパニーを目指していきます。そのために、共通の大義・目的をもち、あらゆる状況に応じて個々で判断し、主体的に行動できるチームに成長していきます。

もしあなたも同じ夢をお持ちであれば、共に新しい挑戦を一緒に楽しんでいきましょう。同じ「うちなーの翼」の一員として。

JTA 代表取締役社長 青木 紀将

icoVolume

ON/OFF

ページトップ