JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

JTAの活動 JTA JOURNAL想いをつなげる

  • HOME
  • JTAの活動
  • JTA JOURNAL

JTA presents 第11回 2019HIPHOPダンスフェスティバル

【第11回2019HIPHOPダンスフェスティバル Movie】


 

 

 

 

去る3月24日(日)に、JTA presents 第11回 2019HIPHOPダンスフェスティバルが開催されました。

県内のダンスが好きな、小中高校生が沖縄県立武道館に集結。

出場したのは小学生18、中学生8、高校生12の全38チーム。

会場の外では、出番ぎりぎりまで練習するチームがビートを刻んでいました。

 

 

会場には出演者や応援する友人、ご家族の方など多くの方が訪れました。

沖縄県警察音楽隊のオープニング演奏で始まり、各チームはグランプリを目指し、成果を競い合いました。

 

 

 

プロを目指すダンスユニット「M.A.C.K」、「GoGo!Sisters!」や遠くフィンランドから参加したフィンランドチーム、JTAからも客室乗務員とNSSBダンススタジオがコラボオした「New Wave」、そしてニコニコ動画で有名なJAL岡本さんも特別ゲストとして、”キレッキレ”なダンスを披露。

「飲酒運転根絶アドバイザー」宮城恵輔さんによるメッセージも印象的でした。

 

フィンランドチーム

 

M.A.C.K

 

GoGo!Sisters!

 

JAL岡本さん

 

宮城恵輔さん

 

JTA客室乗務員とNSSBダンススタジオの生徒がコラボしたエキシビジョンは、機内をイメージしたダンスで観客を魅了しました。

会場はまさに老若男女、小さなお子様からお孫さんを応援するおじいちゃんおばあちゃんまでいて、熱気に満ち溢れていました。

 

JTA客室乗務員とNSSBダンススタジオの生徒とのコラボ「New Wave」、JTA客室乗務員が振りつけました。

 

応援する人たちでいっぱい!

 

会場上空には、JTAのバルーンがプカプカ。

 

《イベントの趣旨》

本大会は、2010年に始まり、青少年健全育成を第一の目標に掲げ、今年で11回目となります。

主催者の「Let’s TRY実行委員会」の髙良信徳会長は「子どもたちが活躍できる大きな舞台をつくってあげたいと思い、県立武道館という大きな会場で開催するに至りました。」とコメント。

大会という居場所をつくり、ダンスに情熱を注ぐことで、限られた時間内で勉強をし成績が伸びた子どもたちもいるようです。

JTAはその趣旨に賛同し、今年から特別協賛をさせていただきました。

 

 

 

ダンスチームの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表彰式の様子

 

JTAの糸数執行役員からは、「ダンスを通じて日本、世界で活躍する、うちなーんちゅになって欲しい」とコメントがありました。

 

 

B-Boy Taigaさんからは「ヒップホップはダンスのジャンルではなくて、カルチャーを楽しむこと」とコメント。

出演したチームにエールを送りました。

 

~審査結果発表~

総合グランプリ:HAVA!!(小学生の部)

 

2019 優勝チーム

小学生の部 優勝  BRASH

 

中学生の部 優勝 DirtyMaltini

 

高校生の部 優勝 VERTEX

 

2019準優勝チーム

小学生の部 準優勝 LuxzMaveric

 

中学生の部 準優勝 LGS

 

高校生の部 準優勝 ネッシーズ

 

JTA特別賞 cat scratch

 

JTA特別賞 BLOOM

 

JTAパフォーマンス特別賞 古蔵小学校ダンス部 Next stage

 

2019 個人特別賞 宮城理心(チュッパチャップス)

 

個人特別賞 座覇結月(Sup”RAY”)

 

個人特別賞 田場結音(DirtyMaltini)

 

個人特別賞 大坪舞香(PHLOX)

 

総合グランプリ受賞者「HAVA!!」インタビュー

 

見事グランプリを獲得したチーム「HAVA!!」のリーダー島結比さんにインタビューをしました!

JTA:グランプリ優勝おめでとうございます!感想を一言お願いします。

 

島さん:ありがとうございます。

最初は小学校部門で優勝できなかったので、もう無理かなって思って、泣いていたんですけど、最後に総合優勝ができてとても良かったです。

 

JTA:どこの学校に通ってますか?

 

中城の南小学校ですが他メンバーは那覇の小学校で、この大会は、初参加です。

 

JTA:練習は結構されました?

 

”超”いっぱいしました。

 

JTA:限界を超えることはできましたか?

 

余裕で超えました!

 

JTA:これからやっていきたいことはありますか?

 

これから中学生になるので、中学校でも、またこのような大会で優勝して全国に行ってみたいです。

島さん、ありがとうございました。今後が楽しみです。

 

JAL岡本さんインタビュー

続いてJAL岡本さんへのインタビューです。

キレッキレッのダンスを披露してくださった、JALの岡本さんにお聞きしました!

 

 

JTA:キレッキレッのダンス、カッコよくて、開場にいる観客は、目が釘付けでしたね。お疲れ様でした。

 

JAL岡本さん:ありがとうございます。

 

JALではどのようなお仕事をされているのですか?

 

JAL岡本さん:WEB販売部という、JALのWEBサイトの企画、管理、運営全般を担っている部署でして、Eコマースに関連する業務を責任をもって担当させて頂いております。

 

JTA:ダンスの経歴は長いのですか?

 

JAL岡本さん:大学時代からやっておりまして、社会人になってからも続けています。

 

JTA:エキシビジョンで参加されてどうでしたか?

 

JAL岡本さん:イベントにすごく感動しまして、本当に熱量があって、活気があって、素敵なイベントでした。

こういったイベントに、沖縄県外から呼んでいただいて、躍らせて頂いたことを非常に嬉しく思っています。

 

 

JAL岡本さん、ありがとうございました。

 

大会で、嬉しくて感動した方も、悔しくて涙した方も、挑戦し続けてほしいですね。

 

「限界を、超えろ。」

JTAはダンスに情熱を注ぐ皆さんを応援します!

 

フォトギャラリー

 

 

 

 

《イベント概要》

日  時 2019年3月24日(日)12:30~

会  場 沖縄県立武道館アリーナ棟 

主  催 Let’s TRY 実行委員会 

特別協賛 日本トランスオーシャン航空

共  催 沖縄タイムス社

協  賛 髙良製作、HipHopDance TEAM Charm、㈱大菊、にじいろアゲハプロジェクト

後  援 沖縄県警察本部、沖縄県教育委員会、沖縄県少年補導員会連絡協議会、那覇市教育委員会、豊見城警察署、小禄・豊見城地区少年補導員協議会、小禄・豊見城地区防犯協会、琉球新報社、那覇市社会福祉協議会

 

icoVolume

ON/OFF

ページトップ