JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

JTAの活動 JTA JOURNAL想いをつなげる

  • HOME
  • JTAの活動
  • JTA JOURNAL

新型コロナウイルス感染リスク回避に向けた、各部門取り組みのご紹介(Vol.2)

①医療従事者の皆さまへの感謝を込めた、機内ブルーライトアップ「NATSUZORA」

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の最前線でご尽力いただいている医療従事者の皆さまへ感謝の想いをお伝えするとともに、新型コロナウイルス早期収束を願い、当社では到着前のタイミングで機内LED照明の「NATSUZORA」ブルーライトアップを行っております。※夜間の着陸時を除きます。

 

JALグループでは、医療物資や生活必需品の輸送など、必要な運航を可能な限り継続することで、公共交通機関としての責務を果たしてまいります。

 

②夜間駐機時の機内客室消毒について

機内の清潔さを保つため、夜間の機内清掃においてテーブル、アームレスト、シートベルトなどの座席周り、トイレのドアノブや蛇口ハンドルなど、お客さまの手が触れる部分のアルコール消毒を毎晩実施しております。

 

また安心して沖縄にお越しになる皆さまのお顔を思い浮かべながら、日々気持ちを込めて清掃しております。

今後も引き続き、「未来に向けて、今できること」を実施して参りたいと思います。

 


 

 

 

icoVolume

ON/OFF

ページトップ