JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

新着情報 PRESS RELEASE

JTA737-800型機 機内USB電源の導入を開始!

DOWNLOAD [138 KB: PDF]

JTA737-800型機 機内USB電源の導入を開始!

~国内線機内Wi-Fiサービスをより快適にご利用いただけます~

2020年8月19日

第20040号

 

 日本トランスオーシャン航空(JTA、本社 那覇市、社長 青木紀将)は、2020年8月12日より、クラスJおよび普通席にUSB電源を装着したボーイング737-800型機の運航を開始しました。

 ご好評をいただいている国内線機内Wi-Fiサービス開始以降、お客さまからの機内での充電に関するご要望をいただいており、かねてよりUSB電源の導入準備を進めておりましたが、この度、8月12日にUSB電源装着機1機(機体番号JA05RK)でのサービスを開始し、今後、JTAが運航する全ての航空機へ順次、USB電源装着を進めていく予定です。

 JTAはお客さまに快適な空の旅をお過ごしいただけるよう、引き続き機内サービスの充実に取り組んでまいります。

 

■概要

1.対象機材:ボーイング737-800型機

2.導入時期:2020年8月12日より、1機(JA05RK)での運航開始を開始し、今後JTAが運航する全ての737-800型機へのUSB電源装着を進めてまいります。

3.仕 様

・クラスJ:自席肘掛下(写真 ①)

・普通席:前席の下方(写真 ②)

     最前列・非常口座席では自席下に設置されています。

     普通席3列座席では2箇所の設置となるため、隣席と共用となります。

・USB端子:Type‐A、Type‐Cの2タイプをご利用いただけます。

 

 

※インターネット予約画面上でのUSB電源装着機の確認はできません。

 

 

以上

 

icoVolume

ON/OFF

ページトップ