JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

新着情報 PRESS RELEASE

沖縄初 沖縄特化の定額会員制リゾートワークサービス 「Re:sort@OKINAWA」へのサービス連携について

DOWNLOAD [149 KB: PDF]

沖縄初 沖縄特化の定額会員制リゾートワークサービス

「Re:sort@OKINAWA」へのサービス連携について

 

 

2020年11月12日

第20057号

 

 

 日本トランスオーシャン航空(JTA 本社 那覇市、社長 青木紀将)は、この度、JTB沖縄(本社 那覇市、社長 杉本 健次)とマッシグラ沖縄タイムス(MOT、本社 那覇市、社長 金子智一)との3社にて、JTB沖縄が発売を開始した、沖縄初の定額会員制リゾートワークサービス、「Re:sort@OKINAWA」(以下、本サービス)へのサービス連携を開始することになりました。

 

 JTAは、沖縄の航空会社として、これまで、沖縄の観光振興・地域貢献を目指しておりますが、withコロナの現状において、新たな旅行形態のご提案と新たな沖縄・離島の魅力の再発見、発信を今年度の重点課題として取り組んでおります。

 

 本サービス有料会員のお客さまには、以下の記載の通り、JTA(RAC含む)那覇=久米島/宮古/石垣、宮古=石垣線の3片道分航空券の利用権を付与します。本サービスをきっかけに、JTAグループの沖縄地区における離島路線のネットワークをご活用いただき、リゾートワーク前、リゾートワーク中、または、リゾートワーク後のサイドトリップとして、離島の魅力を存分にご体感いただき、お楽しみいただきたいと思います。

 

 JTAは、新しい旅の形態として注目されている「ワーケーション旅行」をご提案するとともに、次なる新たな旅行サービスの開発に挑戦いたします。これにより沖縄への誘客促進を強化し、引き続き、沖縄県の観光振興に貢献してまいります。

 

 

【利用可能区間】

那覇-久米島、久米島-那覇、那覇-宮古、宮古-那覇、那覇-石垣、石垣-那覇、宮古-石垣、石垣-宮古

 

 

■Re:sort@OKINAWAとは
離島航空券・コワーキングスペース・レンタカー・手荷物・ホテル・サービスデスクなど様々なサービスが1年間利用できる定額会員制リゾートワークサービス。対象は沖縄県外在住者、法人の出張・福利厚生や、個人での利用など、多様な旅行需要の創出を目指すものです。
サービスホームページ:https://re-sort.okinawa/

 

 

「Re:sort@OKINAWA」についてのお問合せ先

JTB広報室 03-5796-5833

以 上

icoVolume

ON/OFF

ページトップ