JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

新着情報 PRESS RELEASE

JTA、「羽田=石垣線」一部運航便の機材大型化を決定!

DOWNLOAD [193 KB: PDF]

JTA、「羽田=石垣線」一部運航便の機材大型化を決定

~夏季繁忙期に一部ボーイング767-300型機で運航します~

2019年4月23日

第19004号

 

 日本トランスオーシャン航空(JTA、本社 那覇市、社長 丸川 潔)は、2019年7月13日~8月31日の夏季繁忙期に羽田=石垣線における一部運航便の機材大型化(*1)を決定しました。

(*1)ボーイング737-800型機からボーイング767-300型機への大型化

 

 夏季繁忙期の旺盛な需要にお応えし、座席数増加による利便性向上を図ることで、本土各地からの誘客に努めてまいります。

 

 JTAは今後も、お客さまの利便性、快適性の向上を目指し、沖縄・南西諸島のさらなるネットワークの拡充に努め、沖縄観光の発展に貢献してまいります。

 

運航スケジュールの概要は以下のとおりです。

 

 

  1. 運航期間: 2019年7月13日(土)~8月31日(土) 50日間

 

  1. 路線: 羽田=石垣線

 

  1. 便数: 2往復4便 (1日あたり)

 

  1. 運航スケジュール:

(*2)大型化対象便。JAL機材<国際線仕様>、JAL乗務員にて運航します。
機内Wi-Fiサービスはご利用いただけません。

 

  1. 機材・座席数: ボーイング767-300型機 クラスJ 30席、普通席 207席、合計 237席

        ボーイング737-800型機 クラスJ 20席、普通席 145席、合計 165席

 

以 上

icoVolume

ON/OFF

ページトップ