JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

JTAについて トップメッセージ

  • HOME
  • JTAについて
  • トップメッセージ

野口 望Nozomu Noguchi

日本トランスオーシャン航空 社長執行役員

略歴
1992年 日本航空(JAL)入社
2011年 日本トランスオーシャン航空 企画部副部長
2015年 日本航空(JAL)復帰
2022年 日本トランスオーシャン航空 代表取締役に就任

沖縄の翼として
私たちが目指すもの

平素より日本トランスオーシャン航空(以下、JTA)をご愛顧・ご支援頂いている皆さまに厚く御礼申し上げます。

JTAは、沖縄がまだ米軍統治下であった1967年、日本航空と地元企業の合弁で、島嶼県沖縄県内の島々を結ぶ航空会社「南西航空」として誕生しました。創業時は、座席数40席のCV-240(コンベア機)と9席のH-18(ビーチクラフト機)という小型プロペラ機3機で、那覇=宮古/石垣/久米島/南大東、石垣=宮古/与那国といった県内6路線の運航を開始しました。その後、沖縄が観光地として発展していくことに伴い、県外への路線展開を行い、1993年には名称を「日本トランスオーシャン航空」に変更、現在では、165席のボーイング737-800型機13機で県内3路線、県外11路線の14路線に就航しています。沖縄の歴史とともに歩み、様々な変化を経ながら、本年創業55周年を迎えることができました。これもひとえに皆さまの温かいご支援の賜物と心から感謝申し上げます。

安全・安心の提供

航空機を安全に飛ばすことは先人の知恵・技量の積み重ねであり、その努力や知識、経験、仕組みを理解して取り組まなければならないと思っています。社員は、先人が積み重ねてきてくれたこれらの財産を積極的に吸収し、航空のプロフェッショナルとしての使命感と責任を自覚して、今後とも、揺るぎない安全、安全運航の堅持を最優先に尽力してまいる所存です。

さらにお客さまには、清潔で快適、ご安心いただける空の旅をお届けしてまいります。

航空機は、抗ウィルス・抗菌コーティングを行った上で、夜間駐機の時間を活用し、機内消毒も実施しています。また、整備士が機内を隅々まで丁寧に確認し、整備・清掃する「ちんだみプロジェクト」を展開しています。那覇空港ではチェックイン時のタッチパネル非接触化や自動手荷物預け機(SBD:Self Baggage Drop)を導入し、JAL SMART AIRPORTを始動しました。客室乗務員は、サービス介助士や手話の資格保持者が多く、お客さまお一人おひとりのご事情やニーズに沿ったお手伝いはもちろん、沖縄特有の「人の温かさ」や「人と人との距離感」から自然と育まれたホスピタリティ「ウトゥイムチ(おもてなし)」に、多くのお褒めのお言葉をいただいています。

安全かつ安心で洗練されたJALグループの品質に、「沖縄ならでは」の付加価値を加え、最高のサービスを提供し、お客さまから必要とされ、選ばれ続けるエアラインを目指していきたいと考えています。

うちなーの翼として沖縄に貢献するために

本年は沖縄県本土復帰50周年の大きな節目を迎えています。
また、新型コロナ感染症との共存社会では、新しい生活様式が浸透し、暮らしや価値観、ニーズが大きく変容しています。世の中は更に多様に変化していくことと思いますが、今後とも地域のニーズや課題に応えるべく、変化してまいります。

一方で変わらないものもあります。世界自然遺産に登録され世界の宝として認められた「やんばる」と「西表島」を含む沖縄の多様性溢れる自然環境や文化そして人々の魅力は、コロナ禍でも色褪せることなく輝きを放っています。直接触れ合うことで癒しやパワーを感じるリアルな旅の価値は、今後一層高まるものと考えます。私たちは地域のみなさまと協力し合いながら、美しい自然や文化を将来に繋いでいきつつ、JALグループのチャネルも駆使し、沖縄の魅力を発信し続け、沖縄を応援してくださるファンの創造に努めてまいります。

私たちは、ご愛顧いただいているお客さまや育てていただいた地域の皆さまへの感謝を胸に、全社員が強い意志とやりがいをもって活き活きと働き、人としても企業としても必要とされ、地域・社会のお役にたてる存在であり続けることをお約束いたします。

今後とも、日本トランスオーシャン航空に変わらぬご愛顧・ご支援を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

icoVolume

ON/OFF

ページトップ