JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

JTAの活動 JTA JOURNAL想いをつなげる

  • HOME
  • JTAの活動
  • JTA JOURNAL

ささやんが行く!機体洗浄の巻

沖縄の青空に美しく輝くJTAの飛行機、今日も最高にカッコいい!

沖縄の空をフライトしていると、翼の上を気流がスムースに流れている感じが操縦桿を通して伝わってくるんだ。

そんな時は、自分と飛行機が一体となった感じがして、最高の気分!

 

 

あっ、こんにちは。

 

沖縄の空を輝く飛行機でフライトするのが大好きなJTA運航乗務員、「ささやん」です。

 

でも、飛行機って朝から夜まで各地を飛び回っているのに、どうしていつもピカピカなの?汚れたりしないのかな?

 

そんな事を考えながら、今日もピカピカの飛行機を外部点検していると…

 

 

 

 

玉城勝さん JALスカイエアポート沖縄(以下JLSAO)

ささやん、今日はフライトなんだね。天気もいいし最高だね。

 

 

ささやん 勝さん、荷物の搭降載お疲れ様です。フライトには最高の天気ですね。

今日も飛行機が輝いてて綺麗だな~って感動していました。

 

 

勝さん 僕らが心を込めて、飛行機洗っているからね。

 

ささやん えっ、飛行機って洗っているんですか?(雲に入ったら綺麗になる…とかじゃないんだ…)

 

 

勝さん 大きな飛行機も丁寧に洗っているよ。

また南の島々を飛んでいると、海からの塩分がついてしまうので、サビ防止の為にも洗浄が重要なんだ。

ちょうど今夜も飛行機洗うから、ささやん参加してみる?

 

ささやん チャンス~!飛行機の背中を流してあげたいです!だって、僕の大事な飛行機だもの!是非お願いします。m(_ _)m ワクワク

 

 

いざ!機体洗浄へ!!


 

夜の那覇空港

約束の時間・約束の場へ

 

深夜、一日の運航が終わり静かになった空港の中を歩きます。(こんな時間に本当に飛行機洗うの?)
ちょっぴり不安な気持ちで、ターミナルの一番奥にある約束の場所に向かうと、活気ある声が聞こえてきました。

 

事務所の入り口には「元気よく挨拶しよう!」の文字

 

ささやん こんばんは!運航乗員部のささやんです!飛行機洗わせてください!

元気に挨拶。第一印象は大事だからね!

 

 

勝さん(JLSAO 機体洗浄リーダー)

ささやん、本当に来たんだね。飛行機洗いたいというパイロット、珍しいよ。

 

と言いながら、忙しそうに事務所に入ってきた勝さん。

 

勝さん 結構濡れると思うので、これに着替えてください。

 

はしゃぐささやん

着替えるよ~!

 

作業用のユニフォームを渡されたのでウキウキで着替えます。

 

はしゃぐささやん

じゃんっ!どお?グレーのキャップもカッコいい!

 

どお?結構いい感じじゃないですか?作業服着れただけでも満足…。

 

勝さん ささやん、入り口ではしゃいでないで、中で待っててください。

 

ささやん あっ、はい…。

 

大人しく中で待ちます…。

 

やることなくて佇む

事務所の中で待つも、やることがなく立ち尽くす僕。時間は23時すぎ

 

忙しそうな整備スタッフ
みんな忙しそう

 

勝さん おまたせしました。準備できたんで行きましょうか。

 

ささやん はい!待ってました!

 

 

 

 

 

丁寧に素早く、さらに丁寧に!


 

JTAの飛行機 B-737-800

ターミナルから離れた駐機場に、ポツンと待っている飛行機が見えてきました

 

 

 

玉城一富さん(JLSAO 機体洗浄 サブリーダー)

今日はこの飛行機を洗浄しましょう。私と勝さんでサポートしますね。

 

ささやん ありがとうございます!では早速、洗いましょう!

 

一富さん 洗浄はまだです。最初に、汚れている場所を調べます。

汚れの場所・種類を調べる事で、重点的に洗う場所が分かって効率的に作業できるのです。

また、機体に傷がついていないかも確認します。これはとっても大事な作業なので、しっかり確認しますよ。

 

もし傷があった場合、安全運航に直結するので、整備に報告して修理してもらいます。トラブルを事前に防ぐ事も私達の仕事なんです。

 

ささやん おお!ただ飛行機をキレイにするだけの仕事じゃないんですね!!かっこいいプロ意識!

 

ボディの下の汚れ
ボディの下の汚れ

 

飛行機のおしり

飛行機のおしり

 

ささやん 遠くで見るとキレイだと思ったんですが、案外汚れてるんですね…。

 

一富さん そうですね。エンジン後部はスス汚れが強いですし、ボディの下部も汚れが付きやすいです。

 

ささやん へぇ、知らなかった!汚れもチェックしたし、次はいよいよ洗浄作業?(ワクワク)

 

一富さん まだです!飛行機は精密機器の集まりなので、水が入ってはいけない箇所をふさいでいきます。

 

ささやん マスキング‼ですね!飛行機って体は大きいけど、とっても繊細な子なんですよね!!

 

飛行機をマスキング
水が入らないよう、しっかりマスキング

 

飛行機には、アンテナ等が沢山ついており、傷つけたり、水が入り込まないよう注意が必要です。

機体洗浄の前に、その繊細な部分を丁寧にマスキングします。計器の大きさや形状に合ったカバーやプラスチック製の板を準備し、専用のガムテープで止めていきます。

 

ささやん ガムテープが赤なのは目立つからですか?

 

一富さん そうです。マスキングの取り忘れがないように目立つ色を使っています。このガムテープもこだわりがあって…

剥がした時に粘着が残らないものを皆で探して、試して選びました。

 

ささやん ほぉ、試行錯誤して研究する。この手間に飛行機愛を感じる…!

 

マスキングが終わると、いよいよ機体洗浄!

共に空を駆ける仲間の背中を流すことが出来るっ!!ワクワクする~。

 

水かけスタート!!

 

ドヤ顔の僕の後ろでサポートしてくれてる一富さん。ありがとうございました。

 

僕が水をかけている間、ずっと後ろでホースを持ちながら「もっとホースを上に向けて、機体に水を降らせるように…」「もっと左右にふってください」とアドバイスくれたのですが、どれもこれも難しい!!!簡単にやってるように見えるけど、水圧に耐えながら歩くだけで必死なんです!

 

レクチャー中!!

 

ほんと何これ…。想像以上にきついんですけど…

 

 

ささやん 一富さん…もっといい方法無いですか…?(早くも疲れてきた)

 

一富さん 風を利用したり水圧を調整する事で、自分がなるべく動かないように作業するといいですよ。こうやって!

 

 

ささやん はぁ…。(水圧に耐えるのに必死で、そんな余裕無いわ)

 

一富さん 今日は風もないし、気温もちょうど良くて楽な方です。

一番大変なのは、風が強い日です。空港って何も遮るものがなく、風が全力で吹き付けてくるからすごく大変です。

それに強風に乗って海からの塩分が飛行機につくので、塩害対策も兼ねてしっかり水洗いします。

 

ささやん 本当にご苦労さまです!!!

 


一富さん、さすがのホースさばき。真似できない…

 

 

飛行機でなく自分に水がかかり、びしょ濡れでたたずむ僕

 

熟練者は、ほとんど濡れずに水をまくことが出来るらしいですが、僕は見事に惨敗。かっぱを着ていない部分は全てビショビショ…

 

 

さらなる試練!モップの局面


 

ヘトヘトなささやん

水掛けでゴッソリ体力を奪われた僕に、一富さんが元気に近づいてきた…

 

一富さん ささやん!次はモップです!飛行機の汚れ落としてあげられますよ!

 

ささやん そうですね、一番やりたかった事です⤵(だけど、もう既にしんどい…)

 

しかし、気持ちを切り替え

 

ささやん はいっ!ついにあの長いモップを使うんですね!楽しみだー‼

 

とはしゃぐ僕。けなげ。

 

 

飛行機の可愛いポイント

 

 

曲線を洗おうと頑張る僕

 

疲れた体を鼓舞して機体を拭くも…。

 

え?ちょっ、すっごいやり辛いんですけど!!!

 

モップがうまく機体に当てられないっ‼

 

モップの面は平面で、機体は曲線。面同士がちゃんと触れ合わなくてなかなか綺麗にならないし、水を含んだモップは重い…。

 

一富さん ささやん、こっち来てください!翼の下は、こんなにススで汚れているのです。

 

 

 

ささやん えっ!?これ全部汚れだったんですか!!全体が同じ色だったんで汚れだと気づかなかった…。

飛行機、本当に頑張って飛んでるんだな~

 

一富さん 翼の下は結構汚れているので、やりがいあるんですよ。

綺麗になっていくのがわかりやすく、気持ちいいでしょ!

 

翌日の筋肉痛を覚悟しつつ奮闘中の僕の周りでは他のメンバーが前方、後方、翼部分など二人一組でテキパキ洗っていきます。

しかも洗浄の溶剤は乾きやすいので、モップがけと溶剤を流す作業は同時進行!

 

 

 

 

なんだ!この手際の良さとチームワークの良さ…!!

「ONE TEAM 」を体現してる…!

 

疲れたけど、なんだか嬉しくなってきたぞ!!

あぁ、勝さんも一富さんも、いい顔してるな。活き活きと仕事している。この仕事本当に好きなんだなぁ~

 

ささやん 一富さん、勝さん、この仕事のやりがいって何ですか?

 

 

勝さん一富さん 機体洗浄は飛行機を綺麗にするだけじゃなく、安全を守る工程の一つだと思っています。

整備担当が点検しやすいように、私達がしっかり汚れを落とします。また汚れを落とす時、それが機材の不調からの汚れなのか、通常の汚れなのかを確認する。

それをできるのが機体洗浄だと思っています。だから気が抜けないし、綺麗になった時はとても気持ちいいし、やりがいを感じます。

 

ささやん 勝さん・一富さん…本当に飛行機のことを大事に思っていて、この仕事に誇りを持ってるんですね。最高です。

 

勝さん一富さん 私たちだけじゃなく、みんなそうですよ。それぞれプライド持って仕事しています

 

かなり細かい項目があるようです

 

機体洗浄の最後は、リーダー勝さん・サブリーダーの一富さん二人での細かいチェック作業。

汚れは落ちているか、掃除道具の撤去忘れはないか等を二人でWチェックしていきます。

これは、コックピット内で機長と副操縦士がWチェックするのと同じ。ミスが許されないからWチェックが大切なんだよね。

 

 

 

 

普段見えない仕事が僕たちを守ってる


 

 

ささやん 今日はありがとうございました!皆さんの手際の良さと体力に圧倒された2時間でした!

 

勝さん お疲れさまでした。普段は1時間くらいで全行程やりますよ。今日は色々お話しながらだったんで、こんなもんじゃないですか。

 

ささやん 1時間‼そんなに短時間で洗えるのですか?

 

勝さん このメンバーは熟練しているので、JTAのB737-800 であれば1時間くらいです。

しかしJTAに737-800が就航した当初は、機体が大きくなり仕様も違うので、最初は8人体制で探り探で洗ってました。

今はスムースに作業ができるようになり、6人1時間で作業できます。

 

 

ささやん まさに職人技ですね。僕が一朝一夕で出来る作業じゃなかったです!

 

一富さん JALグループ便の機体洗浄は、私たちJALスカイエアポート沖縄・ランプ搭載グループが行っています。

昼間は飛行機の誘導や、お客さまの手荷物・貨物の搭降載業務が担当です。

飛行機を間近で見ながら、今日の調子はどうかな?変な汚れはないかな?と気にかけながら作業を行い、夜は「今日も一日お疲れさま」

と想いながら機体を洗う時間が、飛行機の安全運航につながっている事を実感でき、この仕事のやりがいになっています。

 

 

話を聞けば聞くほど、仕事、飛行機ヘの愛が溢れてくる!今日は本当にいい体験できたなぁ。

 

JALスカイエアポート沖縄・ランプ搭載グループの玉城勝さん、玉城一富さん、メンバーの皆さん、ありがとうございました!

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

青い海・青い空にキラリと光るJTAの飛行機。

 

その秘密は、深夜にひっそりと行われている機体洗浄にあったんだね。

 

空を安全に・快適にフライトできるのも、見えない所で支えてくれる仲間がいるからなんだ。

 

もっと飛行機に関わる色んな仕事見てみたくなってきたよ。

 

そして仲間達の飛行機愛を確かめたいっ!

 

次はどこへ行こうかな~

 

つづく。

icoVolume

ON/OFF

ページトップ