JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

新着情報 PRESS RELEASE

『おきなわ健康経営プラス1プロジェクト』始動!

DOWNLOAD [454 KB: PDF]

『おきなわ健康経営プラス1プロジェクト』始動!
~健康長寿県復活を目指し、官民連携で健康保持・増進~

2021年3月5日

第20077号

 

内閣府沖縄総合事務局

株式会社沖縄銀行

沖縄セルラー電話株式会社

沖縄電力株式会社

オリオンビール株式会社

大同火災海上保険株式会社

日本トランスオーシャン航空株式会社

 株式会社琉球銀行

 

 内閣府沖縄総合事務局とプロジェクト参画企業は、沖縄県内企業が健康経営で連携する取組「おきなわ健康経営プラス1プロジェクト」(以下、「本プロジェクト」とする。)を発足します。
 沖縄県では平均寿命は延伸していますが、全国と比べ延びが鈍化しており、特に働き盛り世代(20~65歳未満)の健康問題が深刻な要因となっている中、企業等が行う健康経営の取組は、沖縄県における健康課題改善の一助となることが期待されます。
 一方で、健康経営に取り組む企業には、取組が単一企業に閉じ企業間の情報共有が希薄であること、沖縄県民全体への波及効果が薄いという課題がありました。
 本プロジェクトは、沖縄県民の健康保持・増進及び健康経営に取り組む企業の課題解決のため、官民が連携し取り組むとともに、「プラス1」の活動を実施することで、沖縄県民全体へ健康保持・増進の取組についての波及効果を高めていきます。
 なお、4月より順次、各社のプラス1活動を実施すると同時に、他企業等を巻き込んでいきます。 


目的①:参画企業等が沖縄県民に対し健康保持・増進に資する活動を1つ以上実施することで、沖縄県民の健康保持・増進及び沖縄の健康長寿復活を担う。
目的②:更に質の高い健康経営を目指し、各社が連携し、健康経営の取組で相乗効果を図る。
目的③:沖縄県内で、健康経営を推進する企業の最大化(すそ野拡大)を目指す。

 

 

【健康経営とは】

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

なお、健康経営は、日本再興戦略、未来投資戦略に位置づけられた「国民の健康寿命の延伸」に関する取組の一つです。

※健康経営は、NPO 法人健康経営研究会の登録商標です。

 


以上

 

icoVolume

ON/OFF

ページトップ