JTA日本トランスオーシャン航空 オフィシャルサイト

MENU

新着情報 PRESS RELEASE

JTA・RAC、2024年度基本便数計画を決定

DOWNLOAD [149 KB: PDF]

     2024年1月29日

 

                                     第23069号

 

JTA・RAC、2024年度基本便数計画を決定

 

 日本トランスオーシャン航空(JTA、本社:那覇市、社長:野口望)及び、琉球エアーコミューター(RAC、本社: 那覇市、社長:波平進)は、2024年度の基本便数計画を決定しました。

 

【トピックス】

 ◆日本航空(JAL)と共同引受運航している東京(羽田)発着の沖縄離島路線(宮古線、石垣線)については、引き続き需要動向に応じた運航機材の大型化を実施します。

加えて8月1日から8月31日の間、羽田=石垣線を787-8型機で運航し、供給拡大を図ります。   

 ◆琉球エアーコミューター(RAC)は、お客様利便性の向上や需給適合の観点などから、一部の路線について増便(季節増便を含む)・減便を行います。

 

旺盛な沖縄観光需要に応えるべく、JALグループのリソースを有効活用した沖縄路線のネットワーク拡充を図り、地域社会へ貢献してまいります。

*以下の計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としております。

*詳細につきましては、JAL Webサイト (https://www.jal.co.jp/jp/ja/) をご確認ください。

 

 


 

 

以上

icoVolume

ON/OFF

ページトップ